markets

MARKETS
各地域の特徴と強み

市場の特徴

欧州は、EUに加盟する27ヵ国を中心として合計44ヵ国にわたり、数多くのイノベーションホットスポットが存在する活気に満ちたエコシステムです。
コンピューターサイエンスやテクノロジーの分野で学術研究が進む大学と優れた人材に恵まれているだけでなく、サステイナビリティへの取り組みをはじめとする政府主導のイノベーション強化政策により、特にAIやロボットなどのディープテック、ライフサイエンス、クリーンテック、フィンテックなど社会的にインパクトを与える分野で、伝統的に顕著な強みを持っています。
またその市場規模は、VC投資額やユニコーン数が過去5年間で約3倍に成長するなど、今までにない規模と速さで拡大しています。
しかし、歴史的にイノベーションの中心地として注目されてきたシリコンバレーの存在により、特に日本企業からは投資やコラボレーションの活動地域として見落とされてきた傾向があります。

日本企業への機会

イノベーション活動を行う日本企業のプレゼンスがまだ低い欧州は穴場スポットであり、欧州市場に適切なイノベーション戦略を策定することにより、適切な企業の発掘やコラボレーションの実現だけでなく、競合他社の先をいく市場優位性の獲得や持続可能なビジネスの構築が可能になります。
さらに米中間の摩擦やソフトバンクによる欧州企業への大規模投資により、欧州ベンチャー企業から安定したビジネスを展開する日本企業との協業やその資本に注目が集まっています。
そのため、最先端技術を持った欧州スタートアップとイノベーションを求める日本企業のニーズが合致することで、高度なシナジーが期待できるのではないでしょうか。
イントラリンクは、欧州4拠点に日英バイリンガルスタッフを配置し、さらに欧州中に広がるベンチャーキャピタル、アクセラレーター、インキュベーター、高等教育・研究機関との幅広いイノベーションネットワークを築いてきました。これにより、現地エコシステムや最先端技術に関する最新情報の提供だけでなく、日本からはアクセスの難しい開発レベルの技術やシード企業の開拓も可能になり、各クライアントのニーズにより適切な企業を選定及び評価し、日本大手企業と欧州スタートアップのより確実なコラボレーションを促進しています。