markets

Israel
イスラエル

Opportunities for Japanese Corporates

今や「第2のシリコンバレー」として知られるイスラエルは、スタートアップ大国として、6,000社以上のスタートアップ企業と400もののアクセラレーターを擁し、2021年には256億ドルのVC投資額(日本からの投資は30億ドル)を達成しました。

小国でありながら、イスラエルには人口100万人あたり5.2社のユニコーン企業が存在し、第二位、第三位の米国(1社)とカナダ(0.37社)を大きく引き離して「1人あたりの新規ユニコーン数が最も多い国」のランキングで第一位となっています。

そのユニークな歴史から、イスラエルの人々は古くよりイノベーションに励んでおり、その文化は現代にも受け継がれています。この魅力的な環境に惹かれ、多くのグローバル企業はイスラエルにR&Dセンターやアクセラレーターを設立し、また世界中の企業がイスラエルでテクノロジースカウティング活動等を行っています。

イスラエルの文化では、人と人とのつながりを非常に重視し、長い年月をかけて関係を作り上げることを大事にしています。そのため、イスラエルエコシステムへの進出には、現地の人との信頼関係の構築や商習慣に熟練した案内人が不可欠となります。
イントラリンクは、世界各国におけるつながりを活かし、三十年以上にわたり国境を跨ぐビジネス関係の構築を支援してきました。イスラエルでもこの専門性、現地文化への深い理解、また人的ネットワークを提供し、日本企業のイノベーションをサポートします。

Some of our Connections

Israel Leadership

  • Eran Eizik

    Country Manager

    イスラエル市場における30年の事業開発経験を活かし、海外企業のイスラエル市場進出、またイスラエル企業の海外進出支援のプロフェッショナルとして活躍。これまでハイテク産業、アグリテック、フードテック、ヘルスケアなど、様々なセクターの企業を150社以上サポートしてきた。現在はイントラリンクのイスラエル代表として、現地スタートアップ、スケールアップ、またNGOの日本企業との協業を視野に入れた関係構築に携わる。

Blogs in Israel

イントラリンクは、ブログシリーズ『イノベーションハブをめぐる』にて、各国のイノベーションエコシステムや最新のスタートアップ動向などを紹介しています。

イントラリンクの強みであるイノベーションネットワークを駆使し、現地のVCや政府組織、またアクセラレーター、インキュベーターを訪問取材することで、専門家が分析する各都市の特徴やトレンドを交えながら、日本企業と欧州スタートアップの提携・投資機会の可能性を探ります。