• Jan.
  • /
  • 11
  • 2021
  • NEWS

ベネルクスVC、Icos CapitalとKBC Focus Fund とのパートナー提携のお知らせ

この度、B2B向けサステイナブル技術に特化した蘭Icos Capital及びデジタル化の促進に向けたソリューションに出資するKBC Focus Fundが、弊社イノベーションネットワークのパートナー企業に加わったことをお知らせいたします。

 

オランダのロッテルダムで2005年から活動するIcos Capitalは、欧州とイスラエルでB2Bテクノロジーを開発するスケールアップをターゲットに投資を行うベンチャーキャピタルです。同社が行うすべての投資は、Icosを通じてイノベーションを追求する大企業の企業投資家によって検証及びサポートされています。主な重点分野は、アグリ・フードテックと持続可能な化学物質で、来年初旬にクローズを予定しているファンドから既に7社に出資を行ってきました。なお、同ファンドはクローズ額の5000万ユーロに既に達していますが、現在も小規模の追加出資を受け付けています。

一方、ベルギーの金融大手KBCグループのベンチャーキャピタルであるKBC Focus Fundは、世界のデジタル化を後押しするハードウェア及びソフトウェアに焦点を置いた5500万ユーロのVCファンドで、現在はベルギーとその周辺国でナノテクノロジー、マイクロエレクトロニクス、IoTに特化したスタートアップに投資を行なっています。またKBC Bankもライフサイエンス、クリーンテック、ICT、フードテックなどの分野で国内大学からスピンアウトした企業に投資を行う大学シードファンドや、途上国の人々の経済活動を支援するために、マイクロクレジットに投資できるプラットフォームを提供する認定開発ファンドのBRS Microfinance Coopなど、社会的に大きな影響を与える幅広いファンドに出資しています。

 

イントラリンクは1990年の英国オックスフォード本社設立時より、主要事業であるスタートアップのアジア市場進出支援と日本企業のオープンイノベーション支援を通して、欧州ベンチャーエコシステムにおいて、VC、アクセラレーター、インキュベーター、大学及び研究機関との幅広いネットワークを築いてきました。

この各組織との直接のパートナー提携により、オープンイノベーションプロジェクト実行に際し、すでに投資家の支援を受けてアクティブに活動するスタートアップだけでなく、日本からはアクセスの難しい開発レベルの最先端技術やシード企業の開拓も可能になりました。また、各クライアントのニーズにより適切な企業を選定及び評価し、日本大手企業と欧州スタートアップのより確実なコラボレーションを促進します。

 

弊社は今後もさらに日本企業のイノベーション活動支援を強化すべく、このネットワーク拡大に努めて参ります。また英国拠点を含む欧米・アジアの各地域にあらゆる業界に関する専門知識を有したチームを配置しています。Icos Capital及びKBC Focus Fundへのコンタクト、並びに欧州の最新エコシステムにご興味がございましたら、ぜひ info@intralink.co.jp までお声掛けください。